トップ

立ち仕事の足のむくみ

立ちっぱなしで足がむくむ

立ち仕事特有の足のむくみとは

接客業に従事している人は長時間立ちっぱなしで仕事をすることが多いです。そのため、足がむくんでしまうケースも少なくありません。足のむくみに関する悩みを抱えている女性は多いですが、接客業に従事している女性の場合は特に深刻でしょう。足のむくみと、立ち仕事との関係を理解して、その解消を図るのが望ましいと言えます。足のむくみについて詳しく知りたいならこちら。

立ち仕事で足がむくみやすい理由としては、長時間体に重力がかかり、血液やリンパなどが足元に滞ってしまうためです。ふくらはぎは第二の心臓と言われていて、足元にたまった血液やリンパを、体の上部に押し戻す役割を果たしています。しかし、長時間同じ姿勢で立ち続けていることで、血液やリンパを十分に押し戻すことが難しくなってきます。それが原因で足がむくんでしまうのです。血行が悪くなり、老廃物などもたまりやすい状態になってしまいます。

また、女性の場合には男性よりも筋肉量が少なめです。同じ姿勢で立ちっぱなしの場合には、筋力も落ちやすい傾向にあります。そのため、ふくらはぎの血液やリンパを体の上部に押し戻す力が弱く、足がむくみやすいのです。

接客業に従事している女性は、体は特に太っていなくても、足だけ太い人が多く見られます。立ち仕事でも同じ姿勢を長時間とっているのではなく、歩き回ったりしゃがんだりする機会が多いと、むくみにくいのですが、仕事によっては長時間同じ姿勢をとらざるを得ないこともあるでしょう。

足のむくみが気になる場合には、仕事の休憩時間などのちょっとした合間に、ストレッチをすることが大切です。休日に運動をするのもいいでしょう。ふくらはぎの筋肉が鍛えられれば、血液やリンパを押し戻す力もアップし、足のむくみを改善できます。

Copyright © 立ちっぱなしで足がむくむ. All rights reserved.